子供の頃一緒に遊んだ友達が、今どこにいるのか会ってみたくなったり、
昔の恋人が、今どこでどう過ごしているのかなど、自分の心に残る人の所在や近況を知るために
調査したり、突然家族や親戚、友人が家出をしてしまい、その所在を知るために調査を
行うのが一般的な人探しといえるでしょう。

一般的なものとは別に、近年増加傾向にあるのが、インターネットを通じての、
個人取引や出会いに絡んだ、相手の住所や名前、勤務先など、相手が事実を言っているのか
確認する所在確認調査です。

また、難易度が高い調査として、金銭問題を抱えての失踪や自分の意思で失踪する可能性の低い、
幼児や老人、病人など、事件性の感じられる失踪者の調査も存在します。

人探し調査では、行方がわからなくなった人の情報を集めるのが大切です。
探偵に人探し調査を依頼する前に、もう一度、行方がわからなくなっている人の情報を自分なりに集めてみましょう。
自分で調べることに限界を感じたり、どうしたらいいのかわからなくて混乱したときは、探偵にアドバイスをもらったり、警察に相談をしてみるのも方法のひとつです。

所在の確認が取れないとき、心配する気持ちはわかりますが、行動は慎重に、そして迅速に行う必要があります。
行方がわからなくなってから長く時間が経過してしまうと、発見も難しくなります。
事件や事故に巻き込まれている可能性がある場合は、探偵よりも警察に相談するほうがいいときもあることを覚えておいてください。