新規取引の話が来ているけれど、取引を始めても大丈夫だろうか、
古くから取引のある会社だけど、最近良くない噂を耳にした、大丈夫だろうか、など、
企業を運営していくにあたり、取引の増加は喜ばしいことでも、取り込み詐欺や、
取引先の突然の倒産など、常にリスクを意識し、最善の防御策をとっておかなくてはなりません。
そんなリスク回避の一手として、企業信用調査は存在します。

調査の内容は、新規・既存の取引先の信用状況や資産・財務状況、営業状況などを調査することが一般的で、
大手信用調査会社ではカバーしきれない中小企業のリアルタイムな状況も、探偵や興信所の企業信用調査により
得ることができます。また、中小企業場合、経営にかかわる人物個人の信用調査も行うことが可能です。

また、企業信用調査では、自社内部の監査などを請け負って行う探偵事務所もあります。探偵事務所によって企業信用調査で対応する範囲と内容は異なることがあるので、企業信用調査を依頼するときには一度探偵に確認を取ってみることをおすすめします。

企業にとってとても重要な調査となります。そのため、この調査で調べた情報が外部に漏れてしまうのは絶対にあってはなりません。

探偵事務所に企業信用調査を依頼するなら、その探偵が信頼できる探偵事務所かどうかも一緒に確認をしておく必要がありそうです。